mukuのきもち
 
2010年8月10日mukuは17歳でお星様になりました  悲しみが想い出に変わるまで…
 



2012年5月を表示

なにかと

やっぱり、何かと忙しい日々(苦笑)

最近、噂のあった岡山出身の芸人さんの報道
昨日の会見で…あれ~?
やっぱ、本当なんだぁ~!びっくり!

だって、あれだけ人気が出てるのに
つい最近まで
生活保護を受けてるとは思いもしなかったな

実は、息子と同じ中学の同級生…
チョイ出の頃から芸人になった事は聞いてたので
成功すればいいけどなぁ~
と、同じ年の子を持つ親心として
勝手に気にかけてたんだけど

昨年、我が家の台所のフードのクリーニング…
プロに頼めば高いので、ずっと悩んでたけど
キャンペーンを利用して掃除をしてもらい
綺麗になって満足したんだけど

その時

今回の子、の母親にもクリーニングを頼まれたって
その業者さんから聞き

妄想族の私としては
息子が成功して、しっかり稼いでくれるので
左団扇なんだろうなぁ~

と、何気に聞いてたけど
まさか

会見では恥だと思ってた…と言ってたけど
そうじゃない話も聞えてくるから
それが本当なら
なんで?と思ってしまう…

コメンテーターの中では
良い人だ
と、人柄の良さを強調し擁護してる人もいるけど
この件が出てきても
認識の甘さ、という言葉で摩り替えてるように聞える


これをきっかけに
厳しいチェックが課せられるような動きもあり
本来、本当に受給を必要としてる人に
それが届かないことになるとしたら…

と、要らぬ心配を
頼まれもしないのにしている
そんな昨日、今日のわたくしです



5月26日(土) | コメント(0) | ペット | 管理

連休もおしまい

今年の連休は、あっと言う間に終わり
Ayaちゃんも帰って来てくれたけど
義母の事があったので
早めに戻ったので、早めに帰っちゃったぁ~

こどもの日を、初めて東京で過したAyaちゃん
楽しい場所へ連れて行ってもらったかな?

ままごと遊びも次第に上手になり
庭の赤い実を取ったり葉っぱを取ったりして
料理に見立てて遊んでる♪



楽しみにしていたイチゴ狩りにも連れて行けた♪
イチゴの帽子でイチゴを食べ…(笑)



大好きな叔父ちゃんにも遊んでもらい


こんなお絵かきも上手に出来ました~♪


2009年の連休は
mukuがいたからお出かけも一緒♪

笑顔の中心にmukuがいたね!
mukuのお陰で
み~んな飛び切りの笑顔、キラキラだったよ~♪

もう、取り戻すことの出来ない幸せの一こま
涙が出るのは仕方ないよね
今は、悲しいだけの涙じゃないから
mukuも笑ってくれるよね?

悲しみは永遠に消えないけど
消えた時、mukuに会えるのかな?
って気がするな、お母さん…(笑)



5月6日(日) | コメント(0) | ペット | 管理

チャッピーちゃんお疲れ様

北海道に住む
マルチーズの女の子、チャッピーちゃん

今日に日付が変わったころ
家族に見守られながら天使になりました

先天性の水頭症で
癲癇の発作を繰り返し
長年飲んでいた薬の副作用で肝臓を悪くし
なんどもなんども命の危機を乗り越え

この3月ごろには
血小板減少症になり、数値ゼロという
絶望的な状況を脱し
奇跡の積み重ねを日々更新してたけど
再び、血小板の数値が悪くなり

ついに虹の橋を渡ることになったそうです

今は大学生の二人のお兄ちゃんが帰っていた
まさに、家族が揃ったタイミングで…

きっと、チャッピーちゃんは
お母さんの事が心配だったんでしょうね

お兄ちゃんに会いたかったのは
当然でしょうが
お兄ちゃん、お母さんをよろしくね

と、最期まで娘っこらしい気遣いをしたのでしょうね

病気の子を長年ケアするというのは
当たり前と言えばそれまでだけど

当たり前、という言葉の前に

本当に大変だったよね

という、労いの言葉を
何十倍も何千倍も掛けてあげなきゃね

本人にとっては
当たり前
の言葉が優先されてたにせよ…

マルチーズ繋がりで親しくさせていただき
北海道旅行に出かけたとき
その知らせをしたものだから
わざわざ、チャッピーちゃんを連れて
会いに来てくれたのが2004年の11月

当時、小学生だった下のお兄ちゃんは
今年の春、大学生になったそうだ



この時の写真は、HPにも掲載させてもらってたので
再度、アップさせてもらいます

こんなに小さなくて愛らしいチャッピーちゃん

まともにホテルのフロントに言ったら
部屋の中に連れて入るのはNGだろうから…って

長い時間じゃないし
吠えない大人しい子なので
バックの中に入ったまま
フロントの前を通る時にはバックを隠すように
欽ちゃん走りしたんだよね



お兄ちゃんも
チャッピーちゃんが居なくなって悲しいだろうけど
母さんを支えてあげてね



バックに入ってたチャッピーちゃんが
あまりに可愛かったので
帰ってからmukuを入れて真似してみたら

なんか…
可愛くなかったんだよね~(苦笑)


muku、虹の橋を渡る女の子がいるよ
チャッピーちゃんっていう可愛い子だよ

心配ないからね、大丈夫だよ
って教えてあげてね
先輩なんだから頼んだよ

だけど
お友達の伝えておこうね

こっちに来るのは、もっとゆっくりでいいからね



5月4日(金) | コメント(0) | ペット | 管理

怒涛の一週間

怒涛という表現が適切かどうか、分からないけど…

私から言えば
この1週間から10日の間の出来事は

姑が亡くなり葬儀を終えるという、人生の一大事だった

いま
長旅をして戻ってきたような
通常から、かけ離れた経験をした疲労感から
抜け出せないでいる
決して心地よい疲労感ではなく(苦笑)

まず、先月21日の土曜日
久しぶりに鳥取の境港まで
新鮮な魚や、干物などを買いに行き
帰りに、岡山の「がいせん桜」を見物し

高速の岡山インター近くまで戻ったころ
携帯が鳴った
それからが、長い1週間の始まりだった

舅が亡くなり、一人暮らしをしていた姑
たまたま、隣県から義姉(娘)が帰っていた当日

遅めの昼食後
席を立った義姉が、お茶を入れて声をかけると
返事をしないで、座ったままの姿勢で目を閉じていて
そのまま、意識も戻らず目を開けないまま
4日後、息を引き取った

満年齢で90歳、享年は92歳

孤独死しても不思議のない環境で
偶然とは言え、即、対応の出来る状況で逝ったのは
家族にとっては一番有り難いことだった

その9日前には、私も様子を見に行っており
普段どおりにお喋りして元気な様子だった

病名としては
心臓から血栓が頚動脈に飛び、脳梗塞を起こした

と言うことだけど
天寿という言葉の方が合っているのでは?と言われた

年齢を考えれば、延命措置を受けさせるのは考えもので
それは望まない、という判断をし
積極的治療は受けなかった

そして、救急救命センターから
普段のかかりつけの病院へ転院し

mukuパパと義姉は、仕事のため夫々家に戻り

23日の月曜日、私が付き添いで夜を過した
その間も、病院側が言い難そうに
亡くなった後、自宅へ連れ帰る服の用意など
少しずつ準備された方が…と、促され

自宅と病院を一人で行き来し
実家は駐車場がないので
近所の方に駐車のお願いがてら報告をし

あれやこれや
急変に備えて、着物、遺影用の写真の選択
葬儀業者への連絡

義母は一人っ子だったので
身内は少なく、長生きしたので余計に少なくなっていて
立場上、嫁の出番がフル活動

付き添いの夜は、2時間ごとに看護師さんが来られ
痰の吸引、点滴、体位の交換など
とうてい眠れるはずも無く(苦笑)

でも、看護師さんの仕事のハードさを痛感し
あれだけの仕事量なら
もっと高いお給料をもらわなきゃね…と痛感

結局、自宅へ連れ帰る全ての準備が整って
まさに病院へ戻る時、病院から急変の知らせが入り

慌てて病院へ駆けつけたものの、間に合わず
私が立会いの元、先生が来られて臨終の時間を告げられた

倒れたタイミングといい
4月30日は舅の命日なので

私の感では、舅の命日まで持たないと思うよ
と、mukuパパには告げていたけど、その通りに…

友引があったので、26日が通夜27日葬儀
初七日は葬儀の後、一緒に行ったけど
本来の初七日は30日の予定だった

もろもろ考えれば、
偶然という言葉だけじゃ考えられないね

初七日を終え、muku兄らと岡山までひとまず戻り
昨日、上のmuku兄が帰り
今日、下のmuku兄が東京へ戻る予定

明日は、また田舎へ戻り
救命センターへの病衣の返却と
治療費2病院分の支払い
葬儀業者への支払い…などなど
雑用が控えている

な、訳でブログも休んでいたけど
この程度の開きは珍しくはなかったね(笑)

あぁ~~とにかく疲れた!

普段、付き合いの少ない親戚との会話
町内会のご近所さん
顔もろくに分からず右往左往…
睡眠不足に神経を使うのが重なると辛いね

普段が普段なので(笑)



5月1日(火) | コメント(0) | ペット | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器