mukuのきもち
 
2010年8月10日mukuは17歳でお星様になりました  悲しみが想い出に変わるまで…
 



2012年8月を表示

残暑…

2005年8月のムク
目力もしっかりしてて若いなぁ~♪
でも、このとき12才だったんだね…老犬?(笑)



普段、留守番をさせてしまってたので
私が家にいる時は
どこに移動しててもストーカーしてたなぁ~

こんなにも自分を必要としてくれる
そんな対象があるというのは
まさに、生き甲斐だったな~

振り返って分かる事も多すぎて
なんか、切ない…

必死に見つめる目線の先には



ムクにとっては怪しげな存在があったんだよね(笑)


もう
この家だって、新築といえる初々しさはなく
しっかり生活の匂いを漂わせている

ムクの魂は
もう、我が家に居た時の記憶を消去され
次の世界に新たに旅立ったろうか…

それでもいい
だけど、魂の核に
ほんの少しでも残っていてくれたら
いつか、お互いに気づくこともあるかもしれないね

ムクの行った場所が、どんな処なのか分からないし
私も、何時、別の場所へ行くのか分からないので
色々と妄想を膨らませて嘆いたり喜んだり(苦笑)

でも、いつか会いたいねムクと


ムクパパが
何時までもムクを引きずってはいけないぞ
と言った

引きずるという言葉には抵抗があるけど
非難めいた口調ではなかったので
単なる、未来思考で…という事だろうけど

このブログにしても
大事な家族である犬や猫など…失った人が
偶然でも目にしてくれて共感してくれ
少しずつでも前を向いてくれるきっかけになるなら
それも、ムクの事を書き続けている意味があるのかも

悲しみにも底はないと知ったけど
それを未練や執着心にしないことが大切だなって感じた

この気持ちに辿り着くのに2年
出来の悪い修行僧?(苦笑)



ayaちゃんの書いてくれたメッセージ♪

カタカナも書けるようになったと嬉しそうに…
何故、おじちゃんだけ平仮名なのか不明だけど(笑)

家族になって5年のayaちゃんが
「ダイスキ」って書いてくれたなら

ムクも「ダイスキ」って思ってくれたよね?
ムク、大・大好きだったよ!ありがとう!



8月25日(土) | トラックバック(0) | コメント(0) | ペット | 管理

お盆の巻き、2!

賑やかな数日だけど
ムクが居たらもっと楽しいのにね

15日は、ayaちゃんママの誕生日♪
ayaちゃんがハッピバスディ~の歌を披露し
お絵かきのプレゼント

ママ、お誕生日おめでとう!

メッセージもayaちゃんが考えたんだよね(笑)
ロウソクの数はバアバが決めました~うふふ

上手に6等分に切れるかな~?
5歳になれば、色々お手伝いもしてくれて
ずい分、助かっちゃうなぁ~



バアバは、初めてryouくんをお風呂に…
今まではベビーバス
ちょっと戸惑ってるかな?
それとも、バアバの素顔が恐い?(爆笑)



明日は東京へ帰っちゃうので
花火しようか~



みんなで花火♪

都会じゃなかなか出来ないだろうし…って

ayaちゃん
この夏、急に身長も伸びたみたいだし
成長が目覚ましく…嬉しいやら楽しいやら



今度はいつ会えるかなぁ~♪

今度は、バァバが東京へ行くからね~♪



8月20日(月) | コメント(0) | ペット | 管理

家族集合~!お盆の巻

ムクの命日には
供養に、キャベツとササミのボイル…
メチャクチャ質素だけど、ムクが好きだったので
それでいいのだ~(笑)

13日には久々に家族勢ぞろい
しかも、家族が増えて余計に賑やかで(笑)

14日には、ayaちゃんを連れて後楽園の幻想庭園へ
ニューフェイスのryouくんがいるので
パパとママはお留守番
オジちゃんとジイジとバアバで夜の庭園を散策♪



ライトアップで、昼間と違う表情…


遠くに、同じくライトアップされた岡山城


私、これが一番嬉しかったわぁ~♪


美味しい?

良かったね~!



8月20日(月) | トラックバック(0) | コメント(0) | ペット | 管理

二回目の命日

今日はムクの命日
まだムクパパが帰ってないので
夕飯には、ムクの好きだったキャベツを…
もちろんキャベツだけじゃないけどね(笑)

今日も、
大切な友達が、ブリザーブドフラワーを送ってくれた
暑いから、生花は日持ちしないのでありがたいなぁ~

写真立ての左、
フィルムケースに中には乳歯が入っていて
抜けたときに保存していて、いまだに捨てられずにいる



この場所が、ずっとムクの定位置!

ムクの亡くなった2010年の写真は
いまでも、やっぱり見られない

あれだけ痩せてたのに
なぜ、もう死期が近いと悟れなかったのだろう

私が欲張りだったのかなぁ~
その欲に付き合わされて、早く楽になりたくても
苦しい方を選ばせてしまったのかな

抱っこしていても、目もうつろで
吐く息は、思わず顔を背けたくなるような
とても臭い息だった

もう、身体はとっくに腐りかけ
気力だけで持ちこたえていたのか…

私の職場の夏季休暇になるまで
必死で耐えて待っててくれたムク
それだけでも充分、親孝行なのに

ムク兄家族が帰って来る日を旅立ちと決めたムク
そして
家族を迎えるための買い物に出かけさせ
一人で事切れたムク

お母さん、どんなに頑張っても
ムクみたいに強く生きれそうもないよ



あの日、庭に咲いてた百日紅の花
今年は少しだけ花を付けている

お風呂で、抱っこしたままシャワーを使って
綺麗に洗い清め

せめて、ムクを花で飾ってやろうと
大急ぎで庭に走り出て
咲いている枝を切り落とし、ムクの傍へ…

すると
小さな蟻が何匹も花に向かって枝を歩いていた

こんな小さな蟻が生きているのに
ムク、どうして息をしてないの?

その蟻を見たら、余計に悲しくなり
蟻に、ムクが死んだと気づいて欲しくなく
また庭に走り出て枝ごと、思いっきり放り投げた


2年前の今日
あの日の悲しみを超えるものを、まだ私は知らない

どれほど悲しむか、それを知っていたから
兄家族が帰って来る日を選んだのかな

そして、孫のあどけない仕草や言葉に
みんなで笑っていたっけ

そんなお母さんを見て、少しは安心した?
横たわって、すこ~しだけ開けた目で見ていてくれた?

やっぱり
最期の時を選んだのはムクなんだね

ぜったい、ぜったい、そうだよね
だから、余計に愛おしくて仕方ないんだよね

Ayaちゃんが繰り返し歌ってくれた

ありがとう~って伝えたくて~

このフレーズ

お母さん、仮にボケても
この歌ばかりをリフレインしてる気がするな(苦笑)



二つの影にムクの姿…

いまは
二つの影とお母さんだけの姿…



今は、ムクの姿が見えないだけだよね?
そう思っていい?
思っていいなら、なんとか大丈夫!
ちゃんと前を向いて進んでいくよ
あれから日にちが過ぎれば過ぎるだけ
ムクと遠ざかってる気がして辛かったけど

な~んだ、
ムクのいるところへ近づいてるのかも?
そう思えたのも、ついこの頃…
ムク~
お母さんも、お父さんも元気だよ
だから、心配しないでね
ムクの行きたい場所へ行っていいんだよ


今日は命日につき、
めちゃくちゃ湿っぽい内容だけどお許しを…



だって
こんなに可愛いかったんだもん(笑)



8月10日(金) | コメント(2) | ペット | 管理

ゴンちゃんの話、続きです

暑いから寝転がってよう~って?(笑)

殆ど、寝て過してたんだけどね~
時々薄目をあけて、何してるかな~?って見てたね

今も
お母さん、何やってるかな~?って
時々は見てくれてるかな…


さて、昨日の続きです

ミレママさんの感じたことを友達に伝えました
伝える時、正直、胸が痛みました

友達は
パーキンソン病の夫の世話とゴンちゃんの世話
どちらも脳に起因する病気なので
調子が悪い時も二人はリンクしていて
ゴンちゃんの世話と、夫の介護…
2倍の苦労なのです

気が張っているからか?
夜中、ゴンちゃんがうろうろ歩き出すと
あぁ、トイレだな…と、すぐに目が覚めるそうです
目も見えなくなり
決まった場所にトイレも出来なくなって
アチコチに失敗するゴンちゃんの後を
目ボケまなこで付いて歩き
オシッコをし始めると
すばやくバスタオルで受け取るのです

やはり、深夜のこと

発作を起こして痙攣しているゴンちゃんに気づき
大丈夫?大丈夫?
と、優しく声をかけている姿も見た

眠いんだけど、ゴンの気配では目が覚めるんだよね~

と、笑っていた顔を思い出すと
伝えるのが可哀相でした

でも、伝えなければならないので…

ゴンちゃん、まだ苦しい記憶が相当残ってるみたい
でもね、その気持ちを分かってあげることが
一番大事だと思うから

苦しかったね、分かってるよ~
病気なのに、良く頑張ったね、長生きしてくれたね~
今度は、元気な身体になって生まれておいでね

と、毎日、ゴンちゃんの遺影に話しかけてみてね

思いは必ず伝わるから
分かってもらえたことで、ゴンちゃんも楽になると思うから…と




友達は

なんかね、遺影に選んだゴンの写真
顔が険しいというか、恐い顔に見えるんだよね…

そう、ゴンはず~っと辛かったと思う


ありがとう、そうしてみるね

と、ちょっと悲しそうな声だったけど
ゴンちゃんが、ずっと苦しかった事は理解してるので
素直に耳を傾けてくれました


しばらくして…

再び、オーブが写っていました



裾の真ん中あたりに小さなオーブが…

その日の記事はこちら↓
http://kimonoarekore.blog.fc2.com/blog-date-201207-16.html

友達は、またミレママさんに尋ねて欲しいとのこと

ミレママさんの返事は…



夢・・2個見ました!

1個は・・とにかく眠くて覚えていません。

2個目のは面白い夢です。

50歳後半か?・・
60歳近い男性がスラックスに白いワイシャツ着て、下半身ドロドロになり遊んで帰宅したところから始まりました。

そんな状態で帰宅したのに、家族は誰も驚かず叱らず・・・

「お帰り~!早くお風呂に入っておいでェ~♪」

と声を掛けているんです。

で・・その男性はお風呂に入り、皆と一緒にモリモリご飯食べているんです。

家族に囲まれて・・幸せそうに美味しそうにモリモリ食べてる・・そこで終わりました。

ゴンちゃん・・・苦しみから解放されて、ぐっすり眠り・・・

虹の橋を渡ったのだと思います。

虹の橋の向こうで・・・毎日ドロドロになるまで遊んで、
ご飯もお腹いっぱい食べて過ごしているんです。

どなたかは分かりませんが・・・

とても良い方々と、毎回同じ食卓でご飯食べている様子がうかがわれます。

あの・・前回のオーブを見た時の苦しみや痛みは全く感じなかったです。

ご家族の想いがちゃんとゴンちゃんに通じて・・・

安らかに虹の橋を渡ることが出来たのだと思います。

ゴンちゃんに何か大好きな食べ物を供えてあげると、喜ぶと思います。

ゴンちゃんの御家族の皆さんに、よろしくお伝えくださいね♪



友達が、涙を流して喜んだのは想像つきますよね

あれから毎日、ゴンちゃんの冥福を祈り
もう一度、オーブが現れてくれないかな~
と、願っていたそうです

一生懸命に祈れば通じるんだ…と、心から嬉しかったそうです

そして、ミレママさんの夢から感じたこと
ミレママさんの感じ方
それを聞いた私たちの感じ方は少し違ってて

60近い男性とは、
まさに、パーキンソンを患っているご主人と重なるのです

それから

お帰り~!早くお風呂にはいっておいでェ~♪
の言葉は、それこそ友達の口調に似てます

お帰りなさい、でもなく
お帰り~!と、少し語尾を上げて明るく大きな声かけ…

お風呂に入りなさい~♪
でもなく、入っておいでェ~♪

それは、普段、彼女の発する言葉そのものでした
彼女も同じように感じたそうです

だから、その夢の話を聞き
私たちなりに、更に読み解くと…

ゴンちゃんは、楽になった身体で嬉しそうにしてるだけじゃなく
お父さんの辛さも分かってたゴンちゃん
お父さんの身体も、このようになれたら良いねぇ~
と、お父さんに思いを寄せているんだろうな…って

そして、軽くて嬉しくなって遊びまくったゴンちゃんは
お父さんの身体を借りて
楽しくお家で過してるような体験をしてるのかな~と

実は、二度目のオーブが撮れる数日前から
遺影のゴンちゃんの顔
険しさが消えてきたように感じていたそうです


生きていた時に苦しかったら
やっぱり、その名残を引きずることもあるのでしょうね
長年苦しんでいただけに、簡単に癒えないでしょう

長い長い話でしたが
お盆も近いので、こういった話も番外編としてお許しください…




muku…
明日は2度目の命日だね

何が食べたい?好物のキャベツ?(笑)



8月9日(木) | コメント(0) | ペット | 管理

お盆が近いので

お盆は家族が増えて
忙しいながらも楽しみな数日
mukuも楽しみだったろうな…


7日は、亡き姑の初盆
合わせてご先祖様の盆供養も一緒に行った

お寺さんの都合もあるんだろうけど
盆前でも良いのかな?って(苦笑)

お墓へも行き、お花も飾ってお参りしたけど
きっと一日で萎れてしまっただろうなぁ~~

家では、仏壇ではなく
祭壇に位牌を並べ、お膳や果物などの供物
花や提灯も飾りつけ
暑い中、結構、大変な作業だけど…
これが、いわゆる長男の嫁、ってか?
墓守をしていかなければいけないと言うことかぁ~と
汗ダクダクになりながら感じていた

結局、女が大変なのよね…

mukuの命日には
好きだった食べ物を供えてあげよう
人間と違って
形や流儀をうるさく言わないから
私の心のままにmukuを供養しよう…



今日は、この6月
15歳で亡くなったミックス犬ゴンちゃんの話をします
以前、ここでも紹介したことのある
着物リメイクをしている友達は
リメイクのブログを始めて約8ヶ月

それを勧めたのが私だったため
成り行きで
今は仕事も辞めて時間の余裕のある私が
記事のチェックなどを請け負っている訳で…
作品の説明はもちろん友達!
でも、文章の雰囲気は私だと直ぐ分かるでしょう(笑)

ゴンちゃんが亡くなった日のブログは
私が代理投稿しました


http://kimonoarekore.blog.fc2.com/blog-date-20120614.html

その後、いつものように
完成したリメイク服の記事をアップした時
写った服に、薄いけど大きなオーブみたいなものが写っていました

パンツの向かって右の真ん中あたりに
薄くて大きいオーブが…



そのブログ記事はこちらです


http://kimonoarekore.blog.fc2.com/blog-date-20120622.html

友達は、私のブログも読んでいるので
mukuのオーブを話を知っていて
もしかしたら?と思ったようです

早速、ミレママさんにメールして
この写真はオーブなのか尋ねてみました

すると、写真を見たミレママさんからの言葉には意外な事が書かれていました


ゴンちゃんのオーブ見ました。

う~~~ん・・・

すっごく胸が苦しくて・・息苦しくて・・胸が痛くて・・・見て居られないオーブでした。。。

ブログを拝見すると・・15日の2枚目の左真ん中あたり・・・

丁度フラッシュが壁に反射しているところに、何とも歪んだ苦しみの顔が見えて・・・

それが・・ものすごく苦しくて・・見て居られなかったんです。。

もちろん・・ただのフラッシュで・・壁のシミで・・そんな風なものではないかもしれないのですが・・・でも、私にはそう見えたんです。

昨夜・・夢見るかな?と思ったので・・直ぐにメールしなかったのですが・・・

夢は数え切れないほど見ました!

と言うより・・1時間~1時間半くらいおきに苦しくて目が覚めて・・朝は首から頭の芯が痛くて・・

夢は支離滅裂・・文章に出来ないものでした。。。

う~ん・・はっきりと分からないけれど・・・

ゴンちゃんは・・・かなり長い時期・・苦しんでいたのではないかな?

その苦しみとか辛さとかしか・・今は伝わってこないんです。

悲しみではなく・・苦しみ・・・
私が想像も出来ないほど苦しかったと思います。



ミレママさんは
私たちが気づかなかった写真まで
見てくれてました

それは、
ゴンちゃんが亡くなって最初に載せた作品の写真でした



記事はこちらです

http://kimonoarekore.blog.fc2.com/blog-date-20120615.html

記事では、同じ場所で写したのが他にもあるのに
そちらには何も写ってなく、汚れでもシミでもなさそうです…


ミレママさんの感じた言葉を聞いて

正直、友達はかなりショックを受けたようです
長年、癲癇で苦しんだゴンちゃんだったけど
やっと苦しみから解放されて、楽になったんだなぁ~

そう思うことで
悲しみを納得させようとしていたから…


まだまだ続きの話があります
他の用事もあるので、
この辺りで一先ず切り上げます

明日、更新予定です

見える世界だけが全てではない、と思えば
納得できることもありそうですね…



8月8日(水) | コメント(0) | ペット | 管理


(1/1ページ)


恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン
地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ