mukuのきもち
 
2010年8月10日mukuは17歳でお星様になりました  悲しみが想い出に変わるまで…
 



2011年10月を表示

不思議の連鎖

実は…
4年以上勤めていた仕事を休んでいる
複雑に絡み合った人間関係のトラブルが原因

詳しく書くと長くなるので省略するけど
多分、辞めることになるだろうな

仕事自体は好きだったけど
これも、今後の生き方などを見直す機会なのかな…
と、前向きに考えている

まだ、年金生活には少し遠く
何かしら、生活の糧を得るために行動しなきゃいけないけど
現実は、年齢を考えると難しい
だからといって、凹む事なく前を向いて歩こう

そう思えるようになった

そんな、仕事を休んでいるときだったので
普段は目も通さずに積み上げる
無料配達の折込新聞に
プロのお掃除キャンペーンの割引広告が載っており
前から気になっていた
台所のフード換気扇の掃除を頼んだのだった


来てもらう日は
ミレママさんが帰られた翌日
月曜日をお願いしていた


来てくれたのは、30代前半の若い男性
仕事の邪魔になってはいけない…と思いながら
どうやってフードカバーを外すのかな?
などと、少し見学しながら会話をしていたら

その子の変わった経歴が判明
なんと
親は神主で、将来は実家の神社を継ぐ人だった
その関係の大学を出
岡山の、とある有名神社で10年修行をし
次は、神戸の神社にお勤めが決まっていたのだけど
それまでの繋ぎ的なつもりで、この仕事に就いたら
それが楽しくって仕方なく
神戸の神社に行くのは取りやめたらしい
まだ親御さんは若いし、現役で頑張っておられるので
今は、この仕事を辞める気はないけど
いずれは神主さんになるそうだ

それが分かったとたん
不思議なことが続くものだな~と思い

mukuが亡くなった話
ミレママさんが岡山に来てくれた話
不思議な写真の話

私は、次々に話を聞いてもらった

その人は、仕事の手は動かしつつ

僕はね、霊感なんて全然ないんですけど
神社にお勤めしてた時には
本当に不思議な体験をたくさんしてるんですよ

当番で夜勤の時、仮眠も取らず起きていなければいけないんです
神社の巡回などもするんです
夜中の3時には本殿の扉を開けに向かいます
ある日、中から4、5人が宴会でもしているような笑い声が聞えてきて
きっと、誰かが入り込んでると思い
誰だ!?
と、声に出して扉を開けたら誰も居ないんです

また、ある時
早朝、白装束のお婆さんが神殿の前で祝詞を挙げているので
おはようございます…
と、挨拶をして、しばらく横に立っていて
ふと、気づいたらお婆さんの姿が消えてるんです

お年寄りなので、歩く速度も違うし
突然、姿が消えるとは思えないんですよね

それから
神社だと、心霊写真だのをお焚き上げに送って来られるんですが
いくら燃やしても燃えない写真、ってのもありましたね

などと…

やっぱり、こういった話は
非科学的…の一言で片付ける人も居るし
それは、もちろん自由
だけど、私には
非科学 ではなく 超科学 だとも思える 

mukuの話を聞いた彼は

神道では、
人も動物も、亡くなった後50年はその家を守ると言われてます

その言葉を聞いたら

昨日までの話と
今、聞いた話がちゃんと繋がっていることに驚く

亡くなった後までも、寄り添いながら
家族を守ろうとしてくれるのか…
と、mukuへの愛しさが苦しいほど胸に込み上げ

また涙があふれてきた



muku、こうやっていつも一緒に寝てたよね
おかあさんの団子っ鼻と向き合いながらね…



おとうさん、何したいの?
お出かけする?
お散歩?

じっと見つめながら語りかけてたよね



どこへ行くの?
絶対、付いて行くっ!



安心しきって寝てた可愛いmuku

いろんなmukuが思い出され
悲しいやら嬉しいやら


本当に不思議

その人も言っていた
偶然を装ってるけど、偶然じゃなく
ちゃんと繋がってるんですよねって…

ミレママさんが来てくれたのは
私の人生のまた大きな転機であり、苦しみの時期でもあった
そして、この不思議な出会いも
今後の生き方にヒントを与えてくれた気がする

何年か後に、今の状況を振り返ったとき

あれでよかったんだなぁ~

と、思える自分でいたいな…

mukuの見守りが、大きな励みになってると思うから



10月31日(月) | コメント(0) | ペット | 管理

いつも一緒

ミレママさんが我が家に着き
先ず、mukuに手を合わせてくれた後

私は、ミレママさんに尋ねた

ね、何も感じない?
mukuったら夢にも出てくれないし…

もしや
霊感の強いミレママさんなら何か感じるのでは?と

でも、そんな感じは受けなかったようで
当たり前と言えば当たり前…

それが、明日は帰ってしまうという夜
名残惜しい私は、お風呂も早々に済ませ
ミレママさんとお喋りを楽しもうと2階に上がって行った


すると

ミレママさんは、私をみるなり開口一番

mukuママさん、mukuちゃんは傍に居るよ、ほら…

と、手にしたデジカメの画像を見せてくれた
そこに映っていたのは



カーテンに写っている丸い形のものは
オーブ、とも たまゆら とも呼ばれているらしい
不思議な球体

それを見たとたん
涙がどっとあふれ、同じく涙してるミレママさんと抱き合って泣いた

理屈ではなく、心が強く反応したのです


muku、苦しくないのかな~?
痛いところはないのかなぁ~?

真っ先に聞きました

あれだけ苦しそうで辛そうだったmuku
それでも、懸命に生きて生き抜いたmuku
もしや、今でも苦しみを抱えているのでは余りにも可哀相…


ううん、そんなことはないと思う


ミレママさんは否定した

そして、この写真を撮ることになったいきさつを話してくれた

荷物の片付けなどをしていたミレママさん

ふと、何か気配を感じ
初日は何も思わなかったけど、写真を撮ってみようと
そんな気になり、カメラのシャッターを押した
押すと同時に、肉眼でもオーブが見えたらしい

そして連続して何枚かの写真を撮ったら
どれにもオーブが写っていて
そのオーブの写った最後の写真は
私がお風呂に入っている、その先の洗面所への間仕切り
アコーディオンカーテンだったのだ



mukuに案内されてるみたいに
心躍るような、わくわくした気分で
階段をトントン…と、楽しい気持ちでシャッターを押したそうだ

だから、苦しんでないとおもう
ママはここだよ~
って、嬉しそうに案内されてるような気分だったもの






玄関が散らかってるのは、お出掛け後で…ってことで
スルーしてください(涙)

写真はまだあるのけど
こういった感じで連続して写り込んでるのは
本当に不思議だと思えた


mukuママさん、夢見ないはずだよ
だって、そばに居るんだもんmukuちゃん

こちらとあちらを行ったり来たりしてるのか
ずっと傍にいるのか
それは分からないけど
でも、それはそれでいいんだと思うの 

優しく語りかけてくれるミレママさんに
心が慰められ、喜びで満たされた

オーブは一つだけじゃないのもあったけど

もしかしたら、お友達を連れて来てるのかもね…

ミレママさんの言葉に頷く自分がいた

今回のミレママさんの訪問は
やっぱり意味があって
このタイミングが大事だったのだな…

と、強く思えた感動の数日でした

ミレママさんのブログにも記事がアップされています
ミレママさん視点での記事です
よろしければ、合わせてご覧くださいませ↓↓

http://blogs.yahoo.co.jp/antonymire



10月30日(日) | コメント(0) | ペット | 管理

宮島へ

わざわざ
mukuへのお供えに
ブリザードフラワーと
オヤツを持参してくれたミレママさん

mukuに語りかけ
mukuを よしよし…って撫ぜてくれた

そんな姿に、つい涙が溢れてしまったけど
嬉しい涙だから泣いてもいいよね

いただいたオヤツは
あとでお友達のラブちゃんに食べてもらおうね

22日の土曜日、天気予報では雨だったけど
基本、晴れ女の私
降ったら降ったで、風情があって良いだろうし
そんなに気にしてなかったけど

宮島に着いた頃には
ふと、見上げれば雲も割れ、青空が見えてきた



引き潮だったので、鳥居のふもとまで歩いてみた

初めての厳島神社の参拝となったミレママさん
霊感の強い体質みたいで
私など、お参りしてても何にも感じないけど
体中がポカポカしてて
ずっと鳥肌が立っていた状態だったらしい

そうね…
神様を御祭りし、大勢の参拝者が訪れ手を合わせ…
人と神様の交流の多い神社って
神様の働きも強いんだろうなぁ~って思うもの



引き潮だったので、鳥居の側まで歩いてみたけど
次第に潮も満ちてきて…

水に浮かぶ鳥居って、とっても神秘的だった

来年の大河ドラマでは、この瀬戸内海が舞台になるので
そのドラマの話はともかく、こちらはミレママさんに案内したい場所だったのだ

宮島の帰り、ついでだから、と…
尾道にも寄り
ミレママさん、連れ歩きの刑に処されてる気がしなくもない?
ま、日にちが少ないので、がっつり楽しんで欲しかっただけなんだけど
疲れただろうなぁ~?
と、気づいたのは、ミレママさんとお別れの挨拶をした後のことだった(苦笑)

この日は、横着して歩いて行ける場所のお寿司屋さんへ
お客様をお連れするにしては…お寿司が廻ってま~す

だって
みんな飲める口を持ってるので、家から近いのが一番!ってことにして横着しちゃった

そして、家に帰り
また少し飲んで…

明日は帰るのだから余り遅くまで喋っては疲れるので…
と、思いながら

最後なので、ちゃちゃとお風呂も済ませ
2階にお泊りのミレママさんとお話しようと
上がって行った

すると
思いがけない言葉が
ミレママさんの口から発せられた



10月28日(金) | コメント(0) | ペット | 管理

お客様♪

ホームページから始まり
ブログに至るまでの間

パソコンを通じて多くの友達ができた
これは
まさしくmukuのおかげ

思いに共感してくれる人がいてくれるから
寂しさが和らぎ、励まされ
悲しいながらも元気に過せている

たまたま関東のお友達が多いため
実際のmukuに会ってもらえたのは
たった二人
厳密には、一家族全員と、ひとりのママさん

その一人、ミレママさんは
お話しているうちに
パパさんのルーツが岡山だと分かり

県北の一地方に聞く珍しい苗字だったので
もしや?と、お聞きしてみたら正解だった

やっぱり、これもご縁なのかなぁ~と
嬉しくお付き合いさせていただき
ちょうど3年前
mukuに会いに来てくれた

そして、今年…
どうしてもmuku会いたい…と
21日の夕方着、23日朝出発と
少し強行軍だけど、我が家を訪問してくれた

体調も崩していたこともあり
心配してたんだけど

元気になって岡山にいくんだろ?

と、パパさんの励ましもあり
まだ投薬治療中ながら、出かけられるまでに回復し
嬉しい再会の日を迎えられた


今回は、ホテルではなく
是非我が家に泊まって欲しいとお願いし
その分、お喋りに花を咲かそうという魂胆(笑)

せっかく来てくれるのだから…
と、広島の宮島、厳島神社への案内を計画していた

おいおい、後楽園じゃないの?

って、パパさんが驚いた?らしいけど

我が家のドライバー
mukuパパが、元気なうちは遠出しましょう

体力が落ちたら
後楽園とか、倉敷とか?
近場のご案内をしましょうかねぇ~って思ってるので

常に次回の楽しみを計画しつつ
ご縁を大切にしたいなぁ~って思っている

この、ミレママさんの訪問は
もちろん、楽しくて嬉しくて
一段と親しくなれた貴重な2泊3日だったけど

私の心に深く残る出来事があった

それを書かなくっちゃ
ね、muku…






10月24日(月) | ペット | 管理

夏を振り返り…

すっかり秋だというのに

mukuとの暮らしがメインだったブログ
書くこともないまま日が過ぎてた

一周忌には、お友達から送られた花も供え

ありがたいねぇ~muku
ちゃんと覚えてくれてて

ブログだって
mukuのこと覚えてくれてるから
訪ねてくれてるよ

ちゃんと報告してたから、聞いてくれてたよね



今年も、muku兄一家が盆休みで帰ってきたけど
今年は13日だったっけ

mukuが逝った去年
あの時だけが
10日という、いつもより早い帰省ができたのも不思議
どなたの計らいなのか分からないけど
一番辛い日を、家族で支えられたんだな

振り返れば、振り返るたびに
そう思う

そして
一周忌が過ぎた頃から
不思議と、悲しみの収まり場所が見つかったのか
心が少し穏やかになり
涙することも少なくなった

でも、ブログを書いていると
やっぱり…無理みたい(苦笑)



10月24日(月) | ペット | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ
じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン