mukuのきもち
 
2010年8月10日mukuは17歳でお星様になりました  悲しみが想い出に変わるまで…
 



Show by Nov/30/2011

いつも一緒

ミレママさんが我が家に着き
先ず、mukuに手を合わせてくれた後

私は、ミレママさんに尋ねた

ね、何も感じない?
mukuったら夢にも出てくれないし…

もしや
霊感の強いミレママさんなら何か感じるのでは?と

でも、そんな感じは受けなかったようで
当たり前と言えば当たり前…

それが、明日は帰ってしまうという夜
名残惜しい私は、お風呂も早々に済ませ
ミレママさんとお喋りを楽しもうと2階に上がって行った


すると

ミレママさんは、私をみるなり開口一番

mukuママさん、mukuちゃんは傍に居るよ、ほら…

と、手にしたデジカメの画像を見せてくれた
そこに映っていたのは



カーテンに写っている丸い形のものは
オーブ、とも たまゆら とも呼ばれているらしい
不思議な球体

それを見たとたん
涙がどっとあふれ、同じく涙してるミレママさんと抱き合って泣いた

理屈ではなく、心が強く反応したのです


muku、苦しくないのかな~?
痛いところはないのかなぁ~?

真っ先に聞きました

あれだけ苦しそうで辛そうだったmuku
それでも、懸命に生きて生き抜いたmuku
もしや、今でも苦しみを抱えているのでは余りにも可哀相…


ううん、そんなことはないと思う


ミレママさんは否定した

そして、この写真を撮ることになったいきさつを話してくれた

荷物の片付けなどをしていたミレママさん

ふと、何か気配を感じ
初日は何も思わなかったけど、写真を撮ってみようと
そんな気になり、カメラのシャッターを押した
押すと同時に、肉眼でもオーブが見えたらしい

そして連続して何枚かの写真を撮ったら
どれにもオーブが写っていて
そのオーブの写った最後の写真は
私がお風呂に入っている、その先の洗面所への間仕切り
アコーディオンカーテンだったのだ



mukuに案内されてるみたいに
心躍るような、わくわくした気分で
階段をトントン…と、楽しい気持ちでシャッターを押したそうだ

だから、苦しんでないとおもう
ママはここだよ~
って、嬉しそうに案内されてるような気分だったもの






玄関が散らかってるのは、お出掛け後で…ってことで
スルーしてください(涙)

写真はまだあるのけど
こういった感じで連続して写り込んでるのは
本当に不思議だと思えた


mukuママさん、夢見ないはずだよ
だって、そばに居るんだもんmukuちゃん

こちらとあちらを行ったり来たりしてるのか
ずっと傍にいるのか
それは分からないけど
でも、それはそれでいいんだと思うの 

優しく語りかけてくれるミレママさんに
心が慰められ、喜びで満たされた

オーブは一つだけじゃないのもあったけど

もしかしたら、お友達を連れて来てるのかもね…

ミレママさんの言葉に頷く自分がいた

今回のミレママさんの訪問は
やっぱり意味があって
このタイミングが大事だったのだな…

と、強く思えた感動の数日でした

ミレママさんのブログにも記事がアップされています
ミレママさん視点での記事です
よろしければ、合わせてご覧くださいませ↓↓

http://blogs.yahoo.co.jp/antonymire



Oct.30(Sun) | Comment(0) | ペット | Admin


(1/1page)